So-net無料ブログ作成
ニュース(国際) ブログトップ

姉妹が中南米で射殺体で発見 [ニュース(国際)]

11月19日(水曜)ロイター発です。

中南米ホンジュラスでミス・
ホンジュラスのマリア・ホセ・
アルバラドさん(19歳)が
行方不明に成っていた事件で、
地元警察は19日、
マリア・ホセ・アルバラドさんが
射殺体で見つかったと
発表しました。 

マリア・ホセ・アルバラドさんは、
姉のソフィアさん(23歳)と
共に13日(木曜)から行方が
分からなく成っていました。

中南米ホンジュラスで、
ミス・ホンジュラスのマリア・
アルバラドさんと姉の
ソフィアさんの2人が
殺害された事件で、
捜査当局に殺人等の疑いで
逮捕された姉のソフィアさんの
交際相手の男が、
動機に付いて

「姉がパーティーで別の男と
ダンスを踊った事に嫉妬し、
口論に成って殺害した。
逃げ様としたアルバラドさんも
殺害した。」

等と供述している事が
分かりました。

AP通信等が報じました。 

AP等に寄ると、
マリア・アルバラドさん達は
13日夕方、
同国北部サンタバルバラで
姉のソフィアさんの
交際相手の誕生パーティーに
出席した後、
殺害されました。

姉妹の遺体は警察に寄ると、
会場から約20キロ離れた
同国西部の山岳地帯の
川岸に埋められていたそうです。

捜査当局はソフィアさんの
交際相手の男ら2人を
逮捕し拳銃2丁、
小型トラックを押収しました。

警察は、
交際相手の男が
姉妹を射殺して遺体を
埋めたとの見方を示しました。



他にも共犯がいると
見て行方を追っています。

2014年の4月に
ミス・ホンジュラスに選ばれた
マリア・ホセ・アルバラドさんは、
英国ロンドンで
20日(木曜)から始まる
ミス・ワールドに参加する
予定だったそうです。

同コンテストは
12月14日(日曜)に

決勝大会が開かれます。



今年の4月、
ミスホンジュラスに選ばれた
マリア・ホセ・アルバラドさんは

「神様のおかげで、
選ばれる事が出来ました。」

と話していたそうです。

マリア・ホセ・アルバラドさんは、
世界大会であるミスワールドの
出場者リストにも
名を連ねていたそうです。

開催地の英国・ロンドンへの
出発を目前に行方不明に

成っていました。



マリア・ホセ・アルバラドさんは、
外交官に成る夢を
持っていたそうです。

マリア・ホセ・
アルバラドさんの母親は

「娘達を解放して欲しい。」

と訴えていたそうです。

マリア・ホセ・
アルバラドさんが通う
大学でも集会が開かれ、
姉妹の無事が祈られて
いたそうですが、
その願いは届きませんでした。

男は、
姉のソフィアさんを銃で殺害し、
姉に駆け寄った妹のマリア・
ホセ・アルバラドさんを後ろから
射殺したと供述しているそうです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

イスラム国が空爆をするアメリカを・・・ [ニュース(国際)]

22日(月曜)イスラム過激派組織「イスラム国」は空爆を行うアメリカやフランスの市民などを殺害するよう呼びかける声明を発表しました。

こうした中、北アフリカのアルジェリアで、フランス人男性が「イスラム国」を支持する組織に拘束されました。

インターネット上に公開された犯行声明には、銃を持った覆面姿の男2人に挟まれた白人の男性が映っているそうです。

男性は自身の事を「ニース出身のフランス人」と名乗り、旅行で訪れていたところ、拘束されたという事です。

覆面姿の男はオランド大統領(60歳)に対し、「24時間以内に空爆を止めるか、人質が喉を切られるか選べ。」と脅迫して、イスラム国に対する空爆の中止を求めたそうです。

男性を拘束したのは「イスラム国」を支持する組織だそうです。

フランスは今月19日(金曜)からイラクで「イスラム国」に対して空爆を行っています。

「イスラム国」は22日に発表した声明の中で、「アメリカ人やヨーロッパ人、特に汚れたフランス人等を、いかなる方法でも殺害せよ。」と呼びかけていたそうです。

一方、フランスのファビウス外相(68歳)は22日、映像が本物で有る事を確認したと発表しました。

その上で、「テログループにフランスの立場を変える事は出来ない。」と述べて、「イスラム国」に対する軍事作戦を継続する意向を示しました。

一方で、人質の解放に向け、アルジェリア政府と連携して「出来る事は、全て行う。」としているそうです。

先月、アメリカ人ジャーナリストを殺害したイスラム過激派の「イスラム国」と見られる組織が、新たにアメリカ人ジャーナリストを殺害したとする映像を公開しました。

シリアとイラクで勢力を拡大している「イスラム国」が新たに公開した映像では、覆面姿の男がアメリカ人ジャーナリストのスティーブン・ソトロフ氏を「殺害する。」と通告していました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

米軍が空爆を開始シリア領内で [ニュース(国際)]

22日(月曜)シリア領内で、米国防総省はイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」に対する空爆を「友好国」と共同で開始したと発表しました。

米軍は8月8日(金曜)からイラクでの空爆を続けているそうですが、シリアでの空爆は初めてです。

国境を無視して移動する「イスラム国」を打倒するにはシリア領で打撃を与える事が必要と判断しました。

米国を中心とする対テロ作戦は転機を迎えたそうです。

国防総省は、攻撃には戦闘機と爆撃機が参加したのに加えて、巡航ミサイル「トマホーク」も使用したと説明しています。

カービー国防総省報道官は声明で、オバマ米大統領からの委任に基づき、米中央軍司令官が9月22日の早い時間に作戦を決定し、空爆が始まったとしました。

空爆はイスラム国が首都としている北東部ラッカで実施されました。指揮統制、補給、訓練施設が標的と成り、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、ヨルダン、バーレーンが参加したそうです。

オバマ大統領(53歳)は10日(日曜)「イスラム国」を弱体化し、最終的に壊滅させる為の包括的戦略を発表し、シリアでの空爆を承認していました。

米政府は欧州諸国や中東のスンニ派諸国を中心とする「有志連合」の構築を本格化させ、シリアの穏健な反体制派勢力への支援を強めていました。

米政府は自国民に化学兵器を使ったとしてシリアのアサド大統領に退陣を求めています。

国連事務総長のムラデノフ特別代表とバングラ特別代表は共同声明を出し、イスラム過激派「イスラム国」がイラクのヤジディ教徒ら少数派住民を誘拐し、性暴力を働いているとの情報が有るとして「重大な懸念」を表明しました。

女性や少女、少年約1500人が拉致され、性奴隷と成る事を強いられている恐れが有るそうです。


オバマ米大統領がフロリダ州の軍司令部を訪問 [ニュース(国際)]

17日、フロリダ州タンパの米中央軍司令部をオバマ米大統領が訪問し、イスラム過激組織「イスラム国」に対する軍事作戦を指揮しているオースティン司令官からシリアへの空爆拡大計画などについて説明を受けたそうです。

大統領はその後、兵士を前に演説し、イスラム国打倒の決意を改めて表明したそうです。

大統領は演説で、「イスラム国を放置すれば、米国の直接の脅威になる」と強調したそうです。

さらに「米国を脅かす者に逃げ場所はない。われわれは必ず見つけ出す」と宣言し、兵士らを鼓舞したそうです。

一方で「最高司令官として、米軍にイラクで新たな地上戦をさせない」とも繰り返したそうです。

「イラクが自らのために成さなければならないことを代わりにはできない」と指摘し、米地上戦闘部隊の派遣を否定したそうです。

デンプシー統合参謀本部議長は16日、イラク前線への米兵配置の可能性に言及していたそうです。

米国務省は17日、バーンズ国務副長官とシャーマン次官が17、18両日にニューヨークでイラン高官と2国間協議を行うと発表したそうです。

今週再開されるイラン核問題をめぐる主要6カ国とイランの協議の進め方などについて意見交換するそうです。

オバマ政権は、イスラム過激組織「イスラム国」との戦いで「イランとは協力しない」との立場を堅持しているそうですが、2国間協議でイスラム国への対応が話し合われる可能性があるそうです。

イランの最高指導者ハメネイ師は、米国への協力を拒否しているそうです。

イランのザリフ外相は17日、ニューヨーク市内で講演し、オバマ米政権がイスラム過激組織「イスラム国」との戦いでシリア領内の拠点を空爆する方針を打ち出したことについて「外国の軍隊が中東地域に関与することを支持しない」との立場を表明したそうです。

ザリフ氏は、各国政府が外国軍の関与を求めた場合に「われわれは干渉しない」と述べる一方で、軍事力でイスラム国の問題が解決できるとは思わないと主張したそうです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

地上戦参加の可能性をアメリカ軍トップが言及 [ニュース(国際)]

16日(火曜)アメリカ軍の制服組トップは、過激派組織

「イスラム国」

壊滅に向け、初めて地上戦参加の可能性に言及したそうです。

「もし、イスラム国の特定の標的を攻撃するにあたって、我々の軍事顧問団がイラク軍に同行すべきと判断した場合、そう大統領に進言します。」

アメリカ軍のデンプシー統合参謀本部議長は、16日(火曜)アメリカ議会上院軍事委員会の公聴会に出席し、過激派組織

「イスラム国」

の壊滅に付いて、オバマ大統領が発表した有志連合による包囲作戦が

「適切な道だ。」

と発言したそうです。

その上で

「大統領からは、状況に応じて報告するよう指示されている。」

と明かしたそうです。

「この先、イラク軍の地上戦にアメリカの軍事顧問団が同行する必要があると判断した場合は、その様に大統領に進言する。」

と証言し、地上戦参加の可能性に初めて言及したそうです。

オバマ大統領は、これまで

「イスラム国」

壊滅に向け

「地上軍の投入は、ない。」

と繰り返し発言してきたため、政権内不一致とも、とれる、この発言をアメリカメディアも大きく報道しているそうです。

ホワイトハウスのアーネスト報道官は

「仮定のシナリオに付いての話で、アメリカ軍が地上戦に加わらないと言う政策は、何ら変わらない。」

と火消しに走っているそうです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

イスラム国に米中央軍がバグダッド近郊で空爆 [ニュース(国際)]

16日(火曜)米中央軍は、支配地域奪還を目指してイスラム過激派

「イスラム国」

に攻勢をかけるイラク軍の作戦を支援するため、イラクの首都バグダッド近郊での空爆を続行したと発表したそうです。

中央軍によると、米軍は15、16両日、戦闘機を出撃させて首都南西で計3回の空爆を行い、ユーフラテス川で補給に当たっていた小型ボート2隻や対空砲撃用の機材を破壊したそうです。

また、クルド人自治区の中心都市アルビル北西でも、計2回の空爆により武装トラックと陣地を破壊したそうです。

シリアとイラクで勢力を拡大するイスラム教スンニ派過激組織

「イスラム国」

が2014年9月13日(土曜)英国人の援助関係者デービッド・ヘインズさん(44歳)とされる人物の首を切断して殺害する映像をインターネット上に投稿したそうです。

米テロ組織監視団体SITEが明らかにしたそうです。

英外務省報道官は、AFP通信に対し

「あらゆる点で映像は本物だ。そうでないと信じる理由はない。」

と述べ、偽物ではないとの認識を示したそうです。

イスラム国は、これまでに米ジャーナリスト2人を斬首により殺害し

「次は、英国人だ。」

と警告していたそうです。

2003年のイラク戦争後、無差別攻撃を繰り返してきた国際テロ組織アルカイダ系の流れをくみ、2004年にイラク旅行中の香田証生さんを殺害した

「イラクの聖戦アルカイダ組織」

出身者らで構成されているそうです。

かつては

「イラク・イスラム国」

と呼ばれていたそうです。

シリアが内戦状態に陥った2011年以降、シリアでの勢力拡大を画策していたそうです。

シリアやレバノンを含む地中海東岸地域を指す

「レバント」

を名称に加えた

「イラク・レバントのイスラム国」や「イラク・シリアのイスラム国家」

と称したそうですが、2014年6月にイラク第2の都市モスルを制圧後、イラクとシリアの国境地帯にイスラム国家の樹立を宣言して、名称を

「イスラム国」

に改めたそうです。 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

空爆を米空軍がスンニ派過激組織に対し開始 [ニュース(国際)]

15日(月曜)米NBCテレビなど複数の米メディアは、米軍がイラクの首都バグダッド近郊でイスラム教スンニ派過激組織

「イスラム国」

の陣地に対し空爆を加えたと報じたそうです。

首都近郊への空爆は、今年8月8日(金曜)の開始以来初めてだそうです。

イスラム国の支配地域奪還に向けたイラク政府軍の地上作戦を支援する狙いがあるそうです。

オーストラリアのアボット首相(56歳)は、14日(日曜)北部ダーウィンで記者会見し、イスラム教スンニ派過激組織

「イスラム国」

攻撃準備のため、複数の戦闘機や要員600人で構成する部隊を派遣すると発表したそうです。

米軍が作戦拠点を置くアラブ首長国連邦(UAE)に駐留させるそうです。

オーストラリア政府は、イラク北部で孤立したクルド系住民への援助物資投下などで米国に協力してきたそうです。

部隊駐留により協力姿勢を一段と強めるそうですが、戦闘を伴う作戦への参加はまだ決めていないそうです。

アボット首相は

「イスラム国は、残忍な死の狂信的集団で、中東だけでなく、豪州を含む世界中の人々に、とって脅威だ。」

と強調したそうです。

ヒラリー・クリントン大統領選挙に向け始動 [ニュース(国際)]

14日(日曜)前回の大統領選で敗北した因縁の地アイオワ州にヒラリー・クリントン前国務長官(66歳)が中間選挙の民主党候補を応援のため訪れたそうです。

次期大統領選に向けた本格始動かと注目されているそうです。

アメリカ中西部アイオワのイベントに登場したヒラリー・クリントン前国務長官は

「大統領選出馬を考えているのは、事実です。私達は、国内だけでなく、世界中で経済や政治、安保の問題に直面しています。」

と話し、夫のビル・クリントン元大統領(68歳)と共にアイオワ州の民主党議員のイベントに出席したそうです。

ヒラリー・クリントン前国務長官は、2008年の大統領選で、当初、優勢が伝えられていたにもかかわらず、予備選挙の最初の地、アイオワでまさかの敗北を喫しました。

オバマ候補に後れをとる切欠と成り、以来、足が遠のいていた因縁の地に、この日、およそ6年振りに訪問したそうです。 

ヒラリー・クリントン前国務長官は、大統領選に出馬するか、どうかは2015年の年明け早々に判断するとしていたそうですが、最重要選挙区のアイオワ州でリベンジを目指す動きを見せた事で、事実上、選挙活動をスタートさせたものと見られているそうです。

ニュース(国際) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。