So-net無料ブログ作成
ニュース(政治) ブログトップ

みんなの党の協議は決裂し分裂の可能性が高まる [ニュース(政治)]

16日(火曜)夜、東京都内で、みんなの党の浅尾 慶一郎代表(50歳)と渡辺喜美前代表(62歳)は会談し、今後の党運営に付いて協議したそうです。

しかし、与党との連携を目指す渡辺喜美氏の路線に浅尾 慶一郎氏は反対を表明し、会談は決裂したそうです。

渡辺喜美氏と浅尾 慶一郎氏の対立が決定的となり、結いの党に続く新たな党分裂の可能性が高まったそうです。

両氏によると、渡辺喜美氏は会談の中で浅尾 慶一郎氏に対し

「これだけ路線の違いが明確になったなら、同じ考えの人を糾合し、新党を作ったら良い。」

と離党を迫ったそうです。

これに対し、浅尾 慶一郎氏は

「貴方が出て行って下さい。」

と応酬したそうです。

また、渡辺喜美氏は会談後

「私が作った政党だから、私の路線に反する人は、新党を作ったら良いという事だ。」

と記者団に語ったそうです。

浅尾 慶一郎氏は、17日(水曜)の党役員会で、渡辺喜美氏が目指す与党との連携路線は、取らないとの方針を確認するそうです。

渡辺喜美氏に近い役員会メンバーが反発するのは確実で、混乱は避けられないそうです。

復権に意欲を示す渡辺喜美氏は、党内の多数派工作を進めており、10日(水曜)には党所属議員21人のうち11人を集めて会合を開いているそうです。

ですが、みんなの党の再分裂は、決定的な状況だそうです。

安倍晋三 (59歳)政権とのスタンスを巡って浅尾 慶一郎代表と渡辺喜美前代表が会談しましたが、決裂しました。

対立は、泥沼化の様相を呈しているそうです。17日午前、渡辺喜美前代表と浅尾 慶一郎代表が党の勉強会で顔を合わせたそうです。

しかし、事務局も配慮したのか、ツーショットを撮らせない一幕が有ったそうです。

今回の騒動の背景は、2人の路線対立だそうです。

渡辺喜美前代表としては、安倍晋三政権と関係を強め、自民党との連立を目指す

「与党再編」

を主張しているそうです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
ニュース(政治) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。