So-net無料ブログ作成
ダイエット ブログトップ

ダイエットを経験した女性は [ダイエット]

今日は<<蛋白質の必要量>>に
付いて書きます。

ダイエット中は、蛋白質が
不足がちに成ります。

カロリーを抑え様として
減ってしまんです。

でも、ダイエット中こそ、
しっかりと蛋白質を
摂る様にしましょう。

蛋白質の必要量は、
体重1kgあたり、1~2g 程度
と言われています。

体重が50kgの貴女なら、
50~100g/日が
大雑把な数字です。

でも、正確には現在の身体の
筋肉量が、どの位かに寄って
大きく変わります。

ですから、適切に判断するには
除脂肪体重から計算する方が
良いでしょう。

除脂肪体重とは、
脂肪以外の体重の事です。

それは、体重から脂肪の重さを
除いた値です。

脂肪の重さは、体重に体脂肪率を
掛けて計算できます。

体重50kgで体脂肪率20%なら
10kgが体脂肪の重さです。

ですから、除脂肪体重は、
50kg-10kg=40kg に
成ります。

そして、除脂肪体重に 2.2 を掛けた
値が蛋白質の必要量です。

此れが、ひとつの目安です。

体重が50kg で体脂肪率が
20% なら除脂肪体重が40kgで、
×2.2 = 88グラム此れが
1日の蛋白質の必要量に成ります。

ダイエット時は、筋肉量が
低下し易いですから、
少し多めに摂るのが良いでしょう。

ダイエットを経験した多くの女性は、
体重に対して体脂肪率が
高めに成っています。

体重そのものは標準範囲、
もしくはそれ以下なのに体脂肪率は
標準値を超えていたり
肥満のレベルに成っている、
いわゆる隠れ肥満やその傾向に
ある人が殆どなんです。

つまり、それだけ筋肉量が減っている
女性が多いんですね。

これは、運動不足と言う事も
有るでしょうが、必要量の蛋白質が
摂取できてない事も
大きな原因に成っているんです。
蛋白質は、しっかり摂りましょうね。

植物に利用するのが特徴だと [ダイエット]

今日は<
植物

性と動物性の違い>に
付いて書きます。

蛋白質は<動物性タンパク質>と
<植物性タンパク質>に
分けられます。

動物性は、肉と魚と卵とチーズと
牛乳 等から摂る事が出来ます。

植物性は、大豆等の豆類に
多く含まれています。

それから、パンとごはんと麺と
野菜と果物等にも若干含まれて
います。

動物性蛋白質は、植物性より
利用され易いと言う特徴が有ります。

前回の記事でアミノ酸に付いて
書きましたが、非必須アミノ酸は
重要で無いと勘違いをされがちです。

でも、大切なんです。

非必須アミノ酸と言うのは、
重要な役割が有るので私達の体内で
合成されて出来るんです。

私達は、自分の身体に入って来た
アミノ酸を利用して、自分に必要な
アミノ酸に再合成をして身体を
作っているんです。

私達は、肉を食べたり、豆を食べたりしますよね。

その中に含まれる蛋白質を分解して
再合成して、私達の身体に必要な
アミノ酸に作り変えているんです。

その作り変えをする際に、
動物性と
植物

性のどちらが利用
し易いかと言うと、
それは動物性の方なんです。

私達も動物です。

植物よりも動物の方が蛋白質の
構造が似ているんです。

動物性の蛋白質は利用し易い
利点が有ります。

でも、肉類には脂肪が多いと
言う問題が有ります。

植物性の蛋白質は植物細胞壁や
繊維質の影響で動物性タンパク質
に比べて利用率が下がってしまう
と言う特徴が有ります。

動物性蛋白質は利用率が90~99%
と高いのに対して、植物性蛋白質は
70~90%と若干落ちます。

でも、動物性の様に脂質の摂り過ぎに
繋がる心配がありません。

植物性の蛋白質はヘルシーと
言えますね。

動物性よりも
植物

性蛋白質を
よく摂取する人は、
コレステロールや中性脂肪の値が
良好で有る場合が多いです。

健康の為には、バランスよく
両方を摂取するのが良いです。

タグ:植物 利用 特徴
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

蛋白質の摂取はダイエットに [ダイエット]

今回からは、栄養に付いて書いて
行きたいと思います。

まずは<蛋白質>です。

今日は、最初です。

<蛋白質>の摂取はダイエットに、
とって影響が大きいです。

蛋白質と言うのは三大栄養素の一つで
有り私達の身体の組織を作って居る
大切な栄養素です。

皮膚、骨、筋肉、毛髪、血液、臓器、
みんなタンパク質で出来て居るんです。

「骨はカルシウムじゃん。」と言う
女性の方も居るかも知れませんね。

骨の土台は蛋白質なんです。

又ホルモンや酵素や神経伝達物質も
蛋白質を元にして作られています。

血液だって鉄分だけじゃなく蛋白質が
不足しても貧血になるんですよ。

身体の細胞は毎日少しずつ生まれ
変わっています。

例えば脳の細胞だって1ヶ月で
全体の40%は新しく入れ替わって
います。

約01年で、ほぼ全てが
新しくなります。

筋肉は01ヶ月で約60%肝臓や腎臓も
01年で90%以上も入れ替わります。

こんな速さで細胞は入れ替わって
いるんですよ。

平均すると01分間に何と30億個の
細胞が生まれ変わっているんです。

そして、それらの細胞は蛋白質が
元に成っています。

ですから例えば、ダイエットで
蛋白質が不足すると身体を作る材料が
足り無く成ってしまうんです。

身体を構成する蛋白質は約20種類の
アミノ酸から構成されています。

その20種類の内、11種類は他の
アミノ酸から体内で合成して出来ます。

でも必須アミノ酸と言われる
09種類は食事から摂取する事が
不可欠なんです。

蛋白質を補給すると言う事は
アミノ酸を補給すると言う事なんです。

アミノ酸をバランス良く摂れる様
いろんな食品を食べるのがベストです。

時代が変われば食文化も変わります。

でも私達に必要な栄養は変わりません。

貴女の身体は今も昔も蛋白質で
出来ています。

ダイエット中は必要な必須アミノ酸を、
きちんと補給しましょうね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

体脂肪を測定して管理する [ダイエット]

今日は{体脂肪の管理}に付いて書きます。

最近は、体脂肪計も一般的になりましたね。

体脂肪率を測定される女性の方も増えました。

でも、マダマダ体重ばかりを気にしてダイエットしている女性が多いです。

ダイエットで大事な事は、体脂肪が落ちることなんですが、体重測定だけでは自分の体の何が落ちて体重が減っているのか分かりません。

ですから、定期的に体脂肪をチェックする事が大切ですね。

でも、体脂肪率だけではダイエット中の進捗を評価するのが分かりづらいです。

体脂肪率を測定したら計算をして{体脂肪の重さ}として記録する様にする方が、貴女の体の何が変動して体重が変わったのかが分かり易く成ります。

{体脂肪量=体重×体脂肪率}体重が60kg、体脂肪率が20%なら、60kg×20%=12kgで体脂肪の重さが12kgに成ります。

この様な計算をして、貴女の体脂肪の重さが、どのくらい減っているか把握して、体重の変化 = 体脂肪の変化を目指す様にダイエットするのが良いんです。

それを見やすい様にグラフに書きながらダイエットすると尚、良いですよ。

グラフにすると、体脂肪が減っているのか、筋肉が減っているのか、ひと目で分かる様に成ります。

もし、いま行なっているダイエットが筋肉を減らしてしまっているなら、すぐにやり方を見直して脂肪が落ちるダイエットに切り替えなければいけません。

筋肉を減らしてしまうと後で元に戻すのが非常に大変ですからね。

そう言った事で貴女のダイエットの良し悪しを判断する為にも、ダイエット中は是非グラフを書いて下さいね。

ダイエット ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。